専門外来の紹介
 
ペインクリニック科
1)概要
ペインクリニック科とは、痛みの診断・治療を行うところです。神経ブロックを中心とした治療により、全身の様々な痛みをすみやかに軽減することができます。治療方法については、十分な説明をして患者様に最も合った方法を選びますのでご安心下さい。また、痛みを軽くすることは、スムーズなリハビリにもつながり機能回復にもつながる治療にもなります。慢性的に痛みで苦しんでいる方はもちろん、急に出現した痛みも症状を長引かせないためにもペインクリニック科への早めの受診をお勧め致します。


2)扱っている主な疾患
全身にみられる痛み 帯状疱疹、脳卒中後の痛み、がんによる痛み
顔面・頭部の痛み 三叉神経痛、慢性頭痛(片頭痛、緊張性頭痛、群発頭痛)
頚肩腕の痛み 変形性頸椎症、頸椎椎間板ヘルニア、胸郭出口症候群、むちうち
胸・背中の痛み 肋間神経痛、胸椎椎間板ヘルニア、開胸手術後の痛み
腰下肢の痛み ぎっくり腰、慢性腰痛症、腰椎椎間板ヘルニア、変形性腰椎症、脊柱管狭窄症、腰椎の手術後に残った痛み、圧迫骨折
痛み以外の病気 顔面痙攣、痙性斜頸、血行障害(バージャー病、閉塞性動脈硬化症、レイノー病)、顔面神経麻痺


3)検査内容
MRI、CTを始めとした画像検査、血液検査を主に行い、痛みの原因を診断します。


4)専門治療
当科では以下のような専門治療を行っています。
 
神経ブロック
 ボトックス治療

神経ブロック:  上へ戻る
決して単なる痛み止めではありません。神経周辺に局所麻酔薬や炎症止めの薬を注射することで、障害されている神経の炎症を取り除いたり、神経の血流を改善させることで病気自体を治療するものです。
ペインクリニックの中心的治療であり、50種類以上の神経ブロックの中から患者様の状態に応じて、適切なブロックを選択します。注射というと抵抗がある方が多いと思いますが、神経ブロックは患部に直接、薬を投与するため薬剤の量も少なくて済み、内服治療より副作用が少ないとも言えます。
当院では治療に使う針も通常の採血に使う針と比べてずっと細い針を使っており、より楽に治療できるように心がけております。代表的神経ブロック(硬膜外ブロック、星状神経節ブロック、神経根ブロック、三叉神経ブロック、交感神経節ブロック)
痛みの悪循環


ボトックス治療:  上へ戻る
まぶた、頬などがピクツク顔面けいれん、眼瞼けいれん、首が曲がってしまう痙性斜頸といった病気に用いる安全な治療法です。

戻る




沖縄県沖縄市比屋根2-15-1   TEL:098-982-1777(代表)
http://www.tapic-reha.or.jp/   (c) 医療法人タピック 沖縄リハビリテーションセンター病院